ペット用品とその種類

ペット用品の選びかた

マイバッグをもってエコしよう

エコ運動の高まりから、政府や企業では、エコ商品の開発や販売がかなり進められている。

エコ商品の中の一つに代表的な、エコバッグがある。
懸賞商品や、ノベルティに企業は、何度も使えるノートなども用意するところもある。 レジ袋を有料化する自治体も最近では存在する。
エコバッグがブームになっているのは、繰り返し使え、ゴミを増やさないというところがあるからである。 最近は、お洒落な、エコバッグなども販売されている。 お洒落はいいが、果たして本当にエコになっているかは、その製造過程によると思います。
もともと地球規模でユネスコはMAB計画を開始した。

1994年には、生物圏保護に定義された概念。

1972年に、ストックホルムで国際会議を開く。 環境を地球規模で考えていき、地域でそれぞれ活動しようというのが国際会議の期限です。

1980年代でメインとなるエコな出来事がある。 生物の多様性や生物圏の概念発展という言葉の登場である。

1992年に、地球サミットが、開催されました。 地球サミットでは、生物の多様性が現象にあり、その危険が広く知られることになった。

1997年には、京都で行われた、京都会議において、温室効果が焦点に上げられ論じられた。